京都市伏見区にある平井整骨院です。伏見桃山駅、桃山御陵前からすぐ。京都市外からも多数ご来院頂いております。

プロテクノPNFについて

プロテクノPNF

 当院ではプロテクノPNFを施術にとり入れています。プロテクノPNFを使うことで一般の機器では届かない深層筋に刺激を与えて、神経や筋肉を再教育していきます。そうすることで自然治癒力をアップさせるだけでなく、身体の忘れていた能力を発揮させることができるのです。
 それに加えて、コンビネーション刺激装置EU−940との併用により比較的短期間で最大限の治療効果を期待していただけます。


PNFとは

Proprioceptive
(固有受容器性の)
身体の至るところにある感覚受容器が刺激を受けることを意味します。感覚受容器は、皮膚、体内器官、筋、腱、関節、前庭器官などに存在し、視覚や聴覚などにも存在します。視覚や聴覚なども感覚受容器の一種です。
Neuromuscular
(神経筋)
心身の伝達機能である神経や体を動かす筋に関係することです。
Facilitation
(促通法)
動作または機能を遂行することが容易になることです。つまり刺激に対して反応しやすくなることです。

 筋肉や腱、皮膚など(固有受容器と呼びます)に刺激を与えると、その刺激は神経を通って脳まで届きます。すると、脳と固有受容器は結びつきを思い出して、体の正しい働きを取り戻します。さらに全体の筋バランス、柔軟性、敏捷性、持久力、反応時間、運動能力の低下など運動機能の改善と向上に応用でき、また高度なスポーツ技術の獲得、向上のためのSkill(巧緻性)にも応用できることから一般臨床だけでなくスポーツの分野でも幅広く用いられています。

プロテクノPNFとは

 プロテクノPNFとは、アルファトリニティ株式会社が製造したマルチパルス治療器です。